アパート経営における注意点とは

老後に向けて何か生活費として足しになる道を探す場合には、資産運用として株式投資やFXを始める方法があることが知られています。まとまった資金も必要ですし、企業その他についてある程度知識を身につけたりタイムリーな情報を仕入れる必要もあります。しかし価格の変動幅も大きくリスクは高いと一般に言われています。債券投資ではリスクは低いものの収益性は少ないとされていてこれも考え物です。不動産購入でアパート物件なら新築に限らず中古物件も手に入れることができ、毎月一定額の家賃が入って来るので、将来の年金生活が不安な場合でもこれによって収益も期待されます。不動産のセミナーも各地で開催されていますので、参考のために話を聞く人も多いと言われています。リスクは存在するものの株やFXなどと比較すればそれほど高くないとされていて人気のようです。

不動産投資の選択方法については

不動産投資ではアパート経営以外にも、マンション投資という方法が知られています。ワンルームであれば購入価格も安く、サラリーマンやOLでもこれを始めることが出来るという話はよく聞かれます。しかしもし空室が生じて、その期間が長びけばその間家賃は一切入って来なくなり、融資を受けている際には返済金にも回せなくなり、持ち出しになってしまうので死活問題にもなります。アパートであれば複数の部屋を貸し出すので1室が空室になったとしても、その他の部屋からの家賃が入りますのでリスクは分散されると見て良いものです。新築アパートであっても構造は木造や軽量鉄骨造であるために耐用年数が短く、従ってローンも長期で組まなくて返済も早く終わることになるので返済が終われば、あとは長期に亘って収益が見込めます。

アパート経営における注意点については

アパート経営で新築物件を購入する場合には、始めに高めの家賃設定を行っているために、物価の上昇に伴い家賃の引き上げも行うことが出来ます。インフレに伴って不動産価格も上昇するために資産価値も上がると考えて良いです。中古物件を購入した場合は経過年数と共に劣化して来て退去者も出て空室が続くといったこともあります。そういう場合には対応できるような信頼できる不動産業者を確保しておくことで入居者を確保することもスムーズにできます。もし空室が出た場合は原因を検討し、改修工事や設備機器取り換え等のリフォーム工事を行えるように配慮しておくことも大切になります。あくまでも中古物件の場合は、表面利回りでなく実際にかかる経費を盛り込んだ実質利回りで検討する必要があります。管理については管理会社に依頼するとその分手元に残る手取り額が減ることになりますが、年齢等を考えて欲張らず無理もせず総合的な判断をすると良いです。

販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 10周年目を向かえ、創立時期より10年連続増収増益を達成しました。 はじめてのアパート経営でも様々な提案でサポートいたします。 アイケンジャパンのアパートの配置には「こだわり」があります。 アパートは防音性能・耐震対策を配慮したつくりとなっております。 アパート経営でお困り相談のある方はこちらが断然イチ押し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加